アニメ

【アニメ】世界最強の暗殺者、異世界貴族に転生する、がマジで覇権かもしれない。おまけ、ジャンプの懸賞ハガキが当たりました

画像は、dアニメストア より引用

アニメ感想

久しぶりに面白いアニメに出会えました。私は今季、勉強に忙しくて、無職転生しかみていませんでした。

12月もそろそろ終わり、久しぶりにアニメをたくさんみるか、と思い至り、世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する、をみました。

略称は、暗殺貴族らしいです。なので、暗殺貴族と呼びます。

暗殺貴族は、月夜涙先生の作品です。

月夜先生はパクり疑惑で黒い噂の絶えない先生ですが、私は好きです。月夜先生の、回復術師はアニメを見て、原作の小説を買い集めていたくらい好きです。

今作、二度目のアニメ化になったアニメ化作家の月夜涙先生の、暗殺貴族。内容は完璧です。めちゃくちゃく面白いです。

簡単に言ってしまうと、無職転生みたいな異世界転生ものです。

あらすじ

世界最強の暗殺者が、組織の裏切りにあい、殺されてしまいます。転生した先には、女神がいて、「勇者を殺せ」と命じられます。勇者はSランクのスキルを5個所有していて、さらに別ランクのスキルを合わせて30のスキルを持っています。一方、主人公の元世界最強の暗殺者は5個しかスキルを選べません。しかし、5個のスキルを覚え、暗殺貴族として転生し、勇者を殺すために鍛えていくのです。

めちゃくちゃ面白いです。特に、女子キャラクターとの絡みが最高です。月夜涙先生は、こういう女子との絡め方が抜群にうまいですね。そう思いました。

主人公に従順でメロメロで、ちょっと残酷な女性キャラクターを書くのがうまいと思いました。

捨て子だったのを主人公に拾われ、同じく暗殺者として育てられ、槍使いになった黄色髪(名前忘れた)。商人の子どもで家族を殺され、孤児院に引き取られ、娼婦をやらされそうになったところを救われた青髪(同じく名前を忘れた)、あと正妻。このように、女性を救ってモテモテになるところが一セットで、月夜涙先生はすごく面白いです。パクリ作家だと、何かと批判されていますが、自分はめっちゃ好みです。ファンです。原作小説を買おうと思いました。暗殺貴族、最高です。

久しぶりに面白い異世界転生ものに出会えました。小説を全部買います。第二部の勇者編も楽しみです。

暗殺貴族、すっごく面白い!

おまけ

私は週刊少年ジャンプで懸賞ハガキを応募し続けているのですが、昨日、なんと懸賞に当たりました。

写真はこちら。

集英社様からお届け物です。

当たったのは、なんと、クオカード3000円分!

本当はパソコンが欲しかったのですが、そこは割り切りましょう。

1名様で倍率の高いパソコンよりも、10名様で倍率の低いクオカードが当たりました。3000円だけだけど、やったー!

今日のイラスト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です