ブログ

クラウドワークスでWebライターをやってみた話

・クラウドワークスでライターをやってみたい
・初心者でも大丈夫かな
・ブログを書いているけど成果が出ない

クラウドワークスでライターをするのは、こんな初心者にぴったりです。

特に、この、つんでみるブログで4年間で収益500円しか稼げなかった私は、クラウドワークスでライターをして多くの経験値を手に入れました。

今回はWebライター目指す人、ブロガーで多くのPVが欲しい人に、初心者ライターさんへの道筋を提示できたらいいなと思っています。

クラウドワークスでライターをするのはどうなの?

初心者はスキルを磨くことを優先してください。

文字単価が低い

ライターの文字単価は1文字1円です。

3000文字書いて3000円といった感じです。

しかし、クラウドワークスでは、1文字0.1円とか。

一つの記事で50円とか。

低単価の案件が目立ちます。

初心者は稼ぐよりもスキルを磨くことを優先してください。

文字単価の低い仕事しかありません。ですが、初心者歓迎の仕事を応募してください。

どんどん応募する

十個も二十個も応募してください。

このとき、自分のブログのURLを送ると受かりやすくなります。

自分は初心者向けの案件に三つ応募して、二つ受かりました。

決め手はブログを4年間やったことです。

ぶっちゃけ、マニュアルとか分からなくて手探りで始めたブログですが、クラウドワークスで案件を受けることができ、仕事ができて嬉しかったです。

クラウドワークスは手数料が20%とられる

一つの記事を書いて1000円稼ぎました。200円取られました。残り800円です。

手数料のことを考えて仕事してください。

ぶっちゃけ初心者は収益はおまけと考えてください。

稼ぐよりもスキル習得が優先です。

ライターとしてのスキルが身につく

クラウドワークスでライターの仕事をするとWebライティングのスキルが身に付きます。

なぜなら、案件を受けると、マニュアルがもらえるからです。

また、添削も無料でしてくれます。

今までの私は4年間、マニュアルなしでブログを書いていました。

当然、目次を入れることもありません。

SEOを本で読んだりYouTubeで勉強するのですが、まったく効果がありません。

しかし、クラウドワークスで1か月仕事をして、みるみる成長しました。

一つに、ブログを書く時間が増えました。

なぜなら、最低50円の仕事でもお金をもらっている以上、真剣に記事を書きます。

一つの記事に10時間以上かけました。

今までの私は、一つの記事に1時間しかかけてこなかったのですが、マニュアルをもらい、Webライティングを覚えて、初心者を脱却しました。

リサーチ、執筆、修正を合わせて10時間以上かけて記事を書いています。

もちろん時給は低いです。

一つの記事に50円しかもらわないので、10時間以上働いて、時給は5円以下。

それでも、コスパは最高です。なぜならスキルが身につくからです。

クラウドワークスで月20万円以上稼ぐことは可能か?

初心者ならば、ほぼ稼ぎはゼロ。

ならば、経験を積めば月20万円を稼ぐことが可能なのか調べました。

無理ですた

クラウドワークスで月20万円稼ぐことは無理でした。

例えば、1文字1円で、毎日3000文字の記事を書いたとします。

私は3000文字に10時間かかりますが、経験をつめば3時間で書けるようになります。

一日3時間働いて3000円。

×30日で、約9万円。

もちろん月9万円稼げれば、ものすご~いライターですが、Webライターだけで月20万円は無理そうです。

自分のブログを持つか、YouTubeを始めるか、起業するか、Webライティングのスキルを多方面に活用することで月20万円の道が見えてきます。

ブログ歴4年の私がクラウドワークスでやってみた仕事一覧

三つの仕事をしました。

・1500円のブログ記事
・50円のブログ記事
・11円のタスク案件

1500円のブログ記事

初心者さんOKの継続案件を受注しました。

最初、テストされました。

テストとは、あらかじめ決められたキーワードで、試しに3500文字書いてみることです。

合格ならば1000円。不合格ならば300円もらえます。

キーワードは『盛り塩 トイレ 捨て方』でした。

私は、初めて10時間以上の記事を書き、目次を整え、提出しました。

結果は合格。継続案件を受けるよう、チャットワークに誘導されました。

クラウドワークスで合格すると、チャットワークに招待される確率が高いです。

チャットワークは、仕事用のラインと考えてください。

恥ずかしながら、クラウドワークスで案件をとって、初めてチャットワークの存在を知りました。

合格すると、グループに招待され、グーグルドキュメントを通してマニュアルをもらいました。

マニュアルを通して初めてWebライティングを知りました。

今までの手探りで書いていたブログは初心者丸出しのブログでした。

記事の書き方に気づくまで、私は丸4年かかりました。

1500円のブログは二つほど記事を書いたのですが、ジャンルが食べ物や恋愛など、私の苦手な分野だったので、今後の仕事はお断りさせていただきました。本当にすみません。

このように、マニュアルをもらい、自分の苦手分野だと思ったら、どんどん仕事を蹴った方が将来のためです。時間は有限です。

50円のブログ記事

低単価の50円でブログ記事を50記事つくる約束をしました。

相場は3000円。断った仕事は1500円。50円は、ものすごく低単価です。

しかし、マニュアルをもらい、手取り足取り指導してくれます。

初心者は値段よりもスキル習得を重視して、仕事を受けてください。

私は50円の仕事を継続しています。

PREP法など、基礎的なことを指摘してくださり、とてもありがたいです。

ジャンルも『読書』なので、自分の好きなことが書けて楽しいです。

11円のタスク案件

クラウドワークスにはタスク案件というものがあります。

1000文字で10円とかです。

その場でサクッと書けます。

要は、アンケートですね。

私はブックウォーカーという電子書籍を売っているサイトのアンケートを書きました。

後日、ありがとう、と完了が届き、11円から3円の手数料を引いて、8円もらいました。

こういうアンケート系のタスクはスキルが身につかず、あまりおすすめできません。

しかし、1円以上稼ぐには最適です。

あなたも1円稼いでみてください。

クラウドワークスのメリット、デメリット

クラウドワークスのメリットとデメリットを紹介します。

クラウドワークスのメリット

・好きな時間と好きな場所で働ける
・仕事の量とペースを自由に調整できる
・人とのコミュニケーションがほぼゼロなので人間関係のストレスがない
・ライティングのスキルが身につく
・手数料がとられるが安心して取引できる

クラウドワークスのデメリット

・低単価が多い
・時給換算すると安すぎる
・マニュアルに縛られてキーワード重視の記事に疲れる
・自分のブログのように好きに書けない

クラウドワークスにおすすめの人

・ブログ初心者の人
・時間のある人
・人間関係のストレスを感じたくない人

特にニートや引きこもりで、将来はブログで月10万稼ぎたい人におすすめです。

専業主婦や学生にもおすすめ。

私はマニュアルを通してWebライティングのスキルを身に着けるのに4年かかりました。

しかし、この記事を呼んでくれた読者様は、今すぐクラウドワークスに登録し、仕事を受け、値段を気にせずスキルを高めてください。

1か月もあればスキルが身に付きます。

あとはやめて、自分でブログを書くもよし。

今後、私は、この、つんでみるブログ、と、もう一つのブログを運営します。

50円の仕事を50記事書き終わった後は、さらなる成長ができているはずです。

まとめ

初心者はスキルを磨くことを優先してください。

初心者向けの低単価の仕事を受け、1か月かけてスキルを身に着けてほしいです。

あとは自分でブログを運営して、クラウドワークスで得たノウハウで稼いでください。

1記事に10時間以上かけてブログ記事を書いた経験は血となり肉となり、立派なスキルに昇華します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。