未分類

中途半端に終わるアニメについて

アニメはよく中途半端に終わります

皆様、映画やドラマはよくみられますか?

2時間きっちりやって素晴らしい終わり方をする作品が多いと思います。

ではアニメはどうでしょうか?

実は意外と、

中途半端に終わる作品が多いのです。

なぜ中途半端になるアニメが多いのか?

よく、え? ここで終わり? となるアニメが多いと思います。

アニメを15年以上みてきた20代の私から言わせてもらえば、アニメは原作ありきが多いので中途半端の尻切れトンボになることがあります。

考えられるパターンとしては、

①原作が終わっていない

アニメは漫画やラノベを原作にする作品が多いです。原作が続いている間にアニメ化し、キリの良いところで終わりにします。

例えば、ラスボスの話が終わっていないのに、ライバルと決闘させて終わりとか、高校生の話なのに1年生の半分も過ごさずに終わりとか、とにかく、

原作が終わってないのが原因です。

②アニメは竜頭蛇尾が基本だから

アニメ、マンガ、ラノベ、これらは1巻が売れなければ即打ち切りです。

ですから最初が面白ければいいのです。

どんな創作でも竜頭蛇尾であることが求められます。

ぶっちゃけお金になれば、最後は悪くても制作サイドは気にしません。

世の中には最初はめちゃくちゃ面白いのに気づいたら終わっていた作品がゴロゴロあります。

悪しき風習ですが、人気が出れば継続、人気がなくなってきたら打ち切りというのは漫画でもラノベでも共通します。

そのため、原作の影響を受け、視聴者側は糞みたいな展開の終わり方を見せられるのです。

では、アニメで、最高のクライマックスをみるにはどうすればいいか?

結論から言います。

不可能です。

世の中の神アニメと呼ばれるものは、人気が出て、続編を作れば確実に売れると分かるため、どんな最高傑作にも蛇足の続編が出ます。

外伝とかスピンオフとか、延々と蛇足を紡ぎ続けるのです。

世の中の神作品は、作者が止めたがっているにも関わらず、お金の都合上、大人気ヒット作は10年とか20年とか、最悪、作者が死ぬまで続きます。

だからマウスが歯車を走り続ける、終わらない、ラットレースが、始まります。

結論

クライマックス最高の展開で終わり良しのアニメを見る方法は二つあります。

①原作が完結してアニメを原作の終わりまでやってくれるアニメ

②原作のないオリジナルアニメ

漫画やラノベの完結を迎えている作品を、3期とか4期とか長期間放映されるアニメを狙いましょう。

原作のないオリジナルアニメもきちんと終われます。オリジナルアニメは当たり外れが大きいですが、登場人物たち最後までやってくれるので、すっきり終われます。例としてはガンダムシリーズなどです。

そのほかにも、~~編、と作者が区切りを打っている作品もあります。

例えば、SAOなどです。アリシゼーション編など、アニメで1年間の4クール分ありますが、きちんと終わってくれます。

中途半端に終わるアニメはマジで多いので、序盤から中盤の過程を楽しみましょう。

私から一言。

作者が生きている間にハンター×ハンターを完結させてください。

お願います。

最後に

最終回が神展開のアニメは、視聴後の脱力感が半端ないです。

当たり外れが大きく、特にアニメは、「俺たちの戦いはこれからだ!」エンドで終わりやすいです。ですから、アニメをたくさんみて少しでも神アニメで、終わり方もベリーグッドのやつを選びましょう。

たくさん、みるべし、みるべし、です。

面白いアニメがありましたらどんどん紹介していきますので、皆様もたくさんアニメをみましょう。

まあ、逆説的に、中途半端に終わるアニメってのは出だしがめちゃくちゃ面白いってことでもあります。最終回グダグダでもそこまで楽しめた過程は大事だと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です