未分類

【アニメ感想】俺たちに翼はない。前半

https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/ci_pc?workId=10317 より引用

古き良きエロゲを楽しみたい、という思いでアニメを選びました。

通称、おれつば。前々から気になっていたのですが、暇な時間に一気見しました。

原作はアダルト美少女ゲームです。

王雀孫さんがシナリオを務め、Navelから発売されています。

エロゲのアニメ化ですね。

なぜ2011年に放映された、このアニメを、今みようと思ったのか。

きっかけは『月に寄りそう乙女の作法』というギャルゲをプレイしたからです。

エロゲから移植されたギャルゲ、残念ながら18禁シーンはカットされていますが、

VITA版ですので、

いや~めっちゃ面白かった。

そこでNavelというブランドが好きになり、エロゲーマーに絶賛されている、

おれつばをアニメでみようと思いました。ゲームじゃなくてごめんなさい。

ネタバレありの感想

アニメを8話までみた感想です。

主人公は3人。群青劇です。

それぞれ朝の鳥、昼の鳥、夜の鳥といます。

最初、主人公は、鳳翔(おおとり・かける)だと思いました。

声優が日野さんでモテモテでクールキャラ。いかにもエロゲ主人公っぽい。

なのですが、物語が進んでいくにつれて、これが3人の飛べない鳥の話であると分かります。

一番モテモテのドラがクールでかっこいいと思っていたら、

実は朝の人格であるたかしを守るための夜の人格だったんですね。

多重人格はエロゲでもよく使われる設定ですが、ここまで主人公にフォーカスしているものは初めてでした。二重人格とか3人までは、まま、ありますが、5人は初めてです。

そうです。我らが主人公の中には5人の人格がいるのです。

いたみかるら、我らが王が出現したときは最高に笑いました。

いがみ合っていたチームが昼から宴会し、コスプレし、

〇精したいだの、チ〇コを連呼するだの、下ネタのオンパレード。

キャラの掛け合いが最高ですね。

古き良きエロゲの笑いのツボを実に見事に抑えている作品だと思いました。

アニメは絵が古いと感じますが、(何せ2011年のもの)

全然躊躇なく楽しめると思います。

今夜は徹夜でおれつばアニメ祭りです。

アニメをみるならdアニメストア一択です。1か月無料で試してみてください。

おれつば、すぐにみれます。

31日間無料!【dアニメストア】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です