ブログ

【イラスト】1か月間クロッキーをやって成長を感じた話

イラストレーターを目指す皆様。初心者~中級者あたりで、つまづいていませんか?

私はクリップスタジオでデジタル画を始めて1年が経過しました。うまくなるのに壁が立ちふさがるばかりで、なかなか思い通りにいきません。

しかし、ある方法でめちゃくちゃうまくなったと実感しました。

それが、

クロッキー

でした。

クロッキーとは、短時間で描く写生、速写のことです。

私は、YouTube の hide channel【顔と体の描き方講座】を見ながら、1か月間、ずっとクロッキーをやってきました。すると、みるみる絵が上達したのです。

クロッキーをやる前までの私

クロッキーを1か月間やった後の私

違いが分かりましたか?

クロッキーをやる前までの私は、初心者特有の顔の絵ばかり描いていました。ブログにしている、今日のイラストのコーナーでも、顔だけの絵が多かったと思います。そこで、上半身だけ、全身の絵を描いてみたところ、ひどいこと、ひどいこと。まあ、あれですよ、、、

上半身でかくて下半身が短いゴブリンですよ!

ここ、笑うところです。(笑)をつけておきましょう。

初心者は顔しか描かないので、顔はうまくなるのですが、全身のバランスがぐちゃぐちゃになります。よくありますよね、アタリをとらずに顔から描き始めて、上半身はボインボインになって、下半身は紙に描けなくなり、泣く泣く短足のキャラにする。はい、私です(笑)

そこで、解決策になるのが、クロッキーです。

まず四角い頭を描いて、上半身の線を引き、下半身の足の線を二本引きます。肩を丸く描いて、円柱の腕を描き、手を描きます。お目目を描いて、はい、できあがり。詳しくは、hide channelさんの動画を見てください。とても勉強になります。

イラスト初心者が中級者になるまで必要なのは、模写、クロッキー、デッサンの三つ

イラストを描き始めた方は、分からないことがたくさんあると思います。

板タブでデジタルイラストを描き始めて1年が過ぎた私は、模写で、ここまでのイラストを描くことができました。

イラスト初心者がうまくなる方法は三つ。

①模写※観察眼を鍛える

②クロッキー※アタリをとる

③デッサン※基礎

最初は模写をやりまくってください。100枚は描いてください。

観察眼を鍛えて、模写した絵と自分の絵を見比べて、気づきを得てください。

私は先生に、そう、習いました。

クロッキーやデッサンをがんがんやって、楽しく絵を描いています。

上級者になるために、まだまだ勉強が必要ですので、5年、10年とイラストを描いてうまくなりたいです。ありがとうございました。

今日のイラスト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です