お金

【バカは搾取される!】貧困スパイラル現象を解説

画像は、https://niche-news.com/より引用

イケハヤ大学で面白い特集をしていたので、自分なりにまとめてみました。

貧乏人はどそんどん貧乏人になる

貧乏人はどんどん貧乏人になる。なぜなら資本主義の罠があるからです。

①仕事で忙しい
②ストレス解消で浪費
③借金をする
④勉強しない
⑤詐欺師に騙される
⑥ストレスで心身を病む
⑦貧困スパイラルに陥らない方法

1、仕事で忙しい

貧乏人ほど忙しい。暇がありません。副業することができず、好待遇の転職ができません。

イケハヤ先生は忙しい仕事こそが、貧乏の入り口と説いています。

イケハヤ先生「忙しいとバカになる」

仕事で忙しくなると思考停止し、バカになり、浪費してストレスを解消します。

2、ストレス解消で浪費

私は特にこれが当てはまります。休日はパチンコ三昧。もちろん勝てません。ひどいときは月5万、10万失います。

仕事→バカ→ストレス発散→浪費

負のスパイラルです。私自身、特に矢が刺さりました。

仕事でストレスをため、休日に浪費し、貯金はゼロになる

3、借金を背負う

貧乏人の方、1、2のループに当てはまりましたか? そこにすかさず3番。借金です。

資本主義は、大人になれば、誰でも借金ができます。

リボ払い、35年ローン、その他。

バカになり、浪費し、貯金ゼロになった貧乏人に最後のダメ出しで借金を背負わせます。

普通、借金は、みんなしています。

4、勉強しない

社会人の平均勉強時間は、6分です。

忙しい→ストレス負荷→浪費→借金→勉強しない ※忙しいから

イケハヤ先生「勉強しない人は化石化していく」

勉強してください、勉強してください、勉強してください、だそうです。

5、詐欺師に騙される

バカになると最後、資本主義の罠に搾取されます。

イケハヤ先生も学資保険に騙されました……。

イケハヤ先生「バカは勉強しないから騙される。勉強してください。バカは勉強しないから騙される。勉強してください」

6、病む

過労、人間不信、うつ病。ストレスで心身を病みます。

場合によっては自己破産、生活保護。政府に頼るフェーズだと思われます。

イケハヤ先生「厚生労働省に生活困窮者自立制度があります」

彼はこうも言います。ただし、貧乏人のバカは勉強していないので、こんな制度も知りません。

とにかくイケハヤ大学の動画を見て、精神障害者は、自分のために勉強することが大事だと再三に渡って知りました。

7、貧困スパイラルに陥らない方法

多忙を防ぐ。

忙しさこそ諸悪の根源。

動画によると、無駄な仕事は断る、こそが重要だと説いています。

お金持ちは余計な仕事を断りまくっています。

読者様は覚えておいてください。精神障害者の方も重要です。

忙しくならないこと、今日のポイントです。

仕事を断ろう。残りの時間を副業や勉強に使う

イケハヤ先生は、まず、飲み会を断ろう、と言っています。

勉強&行動!

まずは自分の時間を取り戻そう。

勉強って? 例えばYouTubeを撮影し、動画編集することも勉強の一種です。

自分で最適な勉強を、好きなことを探してみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です