未分類

ココナラ。手数料。高い!?

アニメを年間1000話見る、ハカドルがココナラを利用します。

そもそもココナラって何?

「得意(経験・知識・スキル)」を売り買いできるフリーマーケットです !

クラウドソーシングってあるじゃないですか。

インターネットを通じて、不特定多数の人々に対するアウトソーシングです。要するに外注ですね。ココナラは500円のワンコインでお仕事が頼めるのです。

では手数料の話。ココナラでは1円~5万円以下の場合、25%の手数料がかかります。+で税金を取られるので、1000円の報酬をもらったら、約270円の手数料+税金が払われるわけです。例えば、あなたが占いのサービスを1000円で出品し、数時間かけてお客様を占ったとします。すると、サービスが完了し、1000円報酬をもらいました。手数料を払うと730円のお金になるわけです。

3000円未満であれば振込手数料が160円取られてしまうので注意してください。なお、3000円以上であれば無料です

ココナラの手数料25%は高すぎますよね。では、どう対策すればいいのかを説明します。三つあります。

①販売単価を上げる

1000円の商品であれば、1500円で販売してください。27%取られるので、405円つまり1095円のお金がもらえます。

品質が良ければがあれば500円高くても買います。購入者は安さもそうですがオリジナリティに注目しています。あなただけの占い、あなただけのイラストを売ってください。

②おひねりをもらう

ココナラで評判のおひねり。チップの事です。日本人には馴染みがありませんがハカドルは500円や1000円のチップをよく払います。ココナラでもチップは浸透していくと思いますね。トークルームの応答次第です。

③買う側になる

そもそも手数料はサービスを売る側に掛かります。仕事を頼む人、買う側になると手数料25%を払わなくて済みます。

※購入の注意点としましては、サービスは手数料分、割高になっているので注意が必要です。

それでも500円コインで頼めるサービスが大半なのはうれしいですね。

実際に利用してみた。

ハカドルはイラストと小説の感想サービスを依頼してみました。

イラストは500円で、ツイッターや読書メーター、ココナラなどのプロフィールのアイコンが頼めたので満足しました。安すぎる、と思ったのでおひねりを払っておきました。

ラノベ作家志望のハカドルは感想サービスをよく利用します。

相場としましては、10万文字のライトノベルの添削をしてもらうと、

幻冬舎の自費出版のプロで、1万円。

リアル小説家や覆面編集者で、5000円から1万円。

ラノベの最終選考者や拾い上げ経験者で、3000円から5000円。

読書家の素人で、500円から1000円、です。

ワンコインで自分の小説を添削&感想をいただけるなんて最高ですね!

裏ワザを紹介します。

ココナラはランク制度を実装しているため、商品を売るたびにランクが上がり、最高ランクのプラチナはめっちゃ偉いです。高いです。

何が言いたいかって? つまりですね。初出品や販売実績が1件の人は、割安でサービスを買うことができるのです。

人間の心理ですね。最初、500円でイラストを販売していた人が、数件売ると1000円にして、人気が出てくると2000円にして、プラチナランクまでいくと、イラストが一枚5000円とかになります。

裏ワザは、

ダイヤの原石を見つけてください!

自分で5000円の価値があるイラストだと思ったら、500円で売られていた。

こんな時があります。

そういう人は販売実績がない人、もしくは、一人にしか売れていない人です。

ですから、ランクが低い人のサービスを買ってください。

もちろん法人として頼むときは、1万から10万円まで、プラチナランクの納期を守る人に頼みましょう。納期と品質は重要です。

さてハカドルは執筆に戻ります。ライターとして稼ぐのは、まだまだ先ですね。

楽天ブックスで面白い本でも買ってインプットします。

ココナラさんもアフィリエイトの広告やらないですかね? (笑)

ぜひ記事を書きたいです。

あのブランド品が毎日激安特価!お買い物なら楽天市場

追記。ココナラと業務提携しました。

クリックすると、ココナラのHPに飛びます↓

無料会員登録してくわしくみる


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です