未分類

【感想】未来のミライ。金曜ロードショー

未来のミライをテレビでみました。2回目です。

ゆっこ

未来のミライの声優さんを紹介します。

くんちゃん:上白石萌歌
ミライちゃん:黒木華
おとうさん:星野源
おかあさん:麻生久美子
謎の男:吉原光夫
ばあば:宮崎美子
じいじ:役所広司
青年:福山雅治

くんちゃんの声優さんは女優の上白石萌歌さんです。お姉さんは上白石萌音さんで『羊と鋼の森』で共演されています。

声優は男優、女優で占められています。星野源さんは気づきませんでした。後で気づき、ハッとなりました。

未来のミライ、あらすじです。

【あらすじ】
主人公のくんちゃんは、太田家の4歳になる長男。
両親からの愛情を一心に受けて育っていたが、太田家に妹の未来が生まれてからというもの、お父さんもお母さんも未来にかかりっきり。
未来に嫉妬してしまったくんちゃんは、彼女の頭を新幹線のおもちゃで殴ってしまい、母親にこっぴどく叱られる。
くんちゃんが疎外感のあまり庭へと出たところ、謎の男が話しかけてきて……

(引用元: https://www.moyacinema.com/entry/mirai)

ネットでの評価はひどいの一言。細田守監督の作品を私は好きで、時かけ、バケモノの子など一通りみているのですが、今作品のネットの評判は散々です。

たしかにちょっと意味が分からないかもしれません。

映像美は綺麗、しかし、両親の物語とくんちゃんの物語の成長物語なのでちょっとややこしいです。

お話の内容を簡単に説明すると、

中庭に、過去、現在、未来に行き来できる木があり、くんちゃんが旅をします。

擬人化したゆっこに会ったり、未来のミライちゃんと遊んだりします。

途中、昔のお母さんに会いに行って、現在のお母さんが子育ての愛情について語ったり、ひいおじいちゃんに会ってくんちゃんが自転車に乗れるようになります。

くんちゃんは最初、未来ちゃん好きくない、と否定するのですが、物語の終わりで、くんちゃんはミライちゃんのお兄ちゃん、と認めます。

昔に行き、お母さんが犬を飼った理由。ひいおじいちゃんが命からがら泳いで生還した理由。ひいおばあちゃんが結婚を受け入れた、そんな断片が今を形作っているのだと、物語は説明します。

これは両親が子どものおかげで成長できたと実感する話であり、くんちゃんがお兄ちゃんだと認める話です。(たぶん笑)

家族の大切さを再確認する映画ではないでしょうか?

何か2回目みてたらボロクソ泣きながら感動してしまいました。

面白いとか面白くないとかよりもずっと大切なものを教えてくれます。

ま、私は高校生主人公の方が好きなのですが。

子育てに疲れたあなたにおすすめの一作です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です